酒造が集う地域「秩父」
注ぎたての秩父の名酒の数々を提供する新スポットがこの冬誕生!

秩父が誇るビールやワインなど、"注ぎたて"の名酒の数々を味わうことのできる新エリア『酒匠屋台ウォールタップエリア』が12月22日(金)オープン!
お土産選びのお試しとして、お風呂上がりのちょっとした贅沢として立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

酒どころ・酒蔵の土地として有名な秩父地域には、約400年の歴史を持つ老舗から新進気鋭の醸造所まで点在しています。
『酒匠屋台ウォールタップエリア』では、造り手の想いのこもった個性豊かなクラフトビールとワインなどを中心に常時7種を取りそろえ、ウォールタップから注がれる特別な味わいを気軽に体験していただけるよう、オープンな空間の立ち飲みバースタイルにこだわって新設しました。
秩父麦酒醸造所からは、樽の定番「ペールエール華熊」「なみのりくまIPA」などを、秩父ファーマーズファクトリー 兎田ワイナリーからは、自社畑で収穫されたシャルドネからつくられた白ワイン「秩父プリムールブラン 2023」と日本産ブドウ100%のロゼワイン「酔いどれ兎ロゼ」を、お客さまの目の前で注ぎ提供します。

オープン詳細

場  所:酒匠屋台(物販エリア)
営業時間:(平日)11時00分~18時00分 (土休日)11時00分~19時00分
     ※営業時間は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。